スポンサードリンク

SQLリファレンスが一冊あると学習に便利です。

AccessSQL文を学ぶ時には、SQLリファレンスが一冊あると便利です。

リファレンスとは「参照する」という意味です。

プログラミングの学習で言えば、「使い方が書かれた本」と考えればよいでしょう。

つまり、SQL文の辞書的な使い方をする本です。

なぜリファレンスが必要なのか?

Accessで使えるSQL文を知ること、調べることにはもちろん便利なのですが、
他にも大きなメリットがあります。

例えば、他のデータベースではどんな風にSQL文を書くのかとか、
他のデータベースで使える便利な機能などが、いろいろ比較できるからです。

Accessで難しいことが、他のデータベースでは簡単にできたりとか、
目を通すと意外な発見がありますよ。

データベースは種類によって、使えるSQLや関数が異なります。

よく使われているデータベースに対応したリファレンス本ならベストです。

もしSQL文の学習がAccessだけで完結するなら、専用のリファレンスで済みます。

でも他のデータベースに移行する予定がある、将来は挑戦するつもりなら、
最初から主要なものに対応しているリファレンスが便利です。

例えばこんなSQLポケットリファレンス本。



Accessはもちろん、同じMicrosoft社のSQL Server、商用として有名なOracle、
またはMySQL、PostgreSQL、DB2といった主なデータベースにも対応しています。

基本的なSQLの構文、各データベースにある機能などが、分かりやすく書かれています。

SQLリファレンス本は他にもあるので、
あなたが読みやすいと思った一冊を手元に置いておくと、プログラミングの学習にも重宝します。

どんなプログラミング言語でも、大体は何らかのデータベースと連携してアプリケーションソフトを作りますから。

SQLで分からないことがある、どのデータベースを選べばよいか迷うなど、
システム開発で必要な時にパッと調べることができます。

スポンサードリンク






Access SQL初心者入門講座TOPへ