スポンサードリンク

第一段階のまとめ

今回は第一段階を一通り復習してみましょう。結構いろいろ学びましたね。初めの頃はまったく意味のわからなかったSQL文が、意外と読めるようになっていることに驚くことでしょう。

またSQLはSELECT(検索)に関するものが多いことに気づきます。データは蓄えるだけではダメで、いろいろな条件で検索(データの見せ方を加工)してはじめて価値が出てくるからです。

【SELECT】SELECT文はレコードの検索です。

・「*」はすべてのフィールド(列)を表します。
SELECT * FROM T01Prefecture;

・フィールドを明確に指定する場合の書き方です。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME FROM T01Prefecture;

・フィールドは並べ替えることができます。
SELECT PREF_NAME,PREF_CD FROM T01Prefecture;

・WHEREで条件を指定して検索できます。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME FROM T01Prefecture WHERE PREF_CD = 27;

・文字列は「'」で囲みます。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME FROM T01Prefecture WHERE PREF_NAME = '福岡県';

・長い場合は適当な位置で改行することができます。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
WHERE PREF_NAME = "福岡県";

・「以上以下」の条件で検索できます。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
WHERE PREF_CD >=36 and PREF_CD <=39;

・BETWEENを使うと分かりやすくなります。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
WHERE PREF_CD BETWEEN 36 AND 39;

・あいまい検索は「like」を使います。
「?」は任意の1文字です。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
WHERE PREF_NAME like '長野?';

「*」は任意の0文字以上です。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
WHERE PREF_NAME like '長野*';

・レコードの並べ替えは「ORDER BY」を使います。
「ASC」は昇順です。省略することもできます。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
ORDER BY PREF_CD ASC;

「DESC」は降順です。
SELECT PREF_CD,PREF_NAME
FROM T01Prefecture
ORDER BY PREF_CD DESC;


【INSERT】INSERT文はレコードの追加です。

・フィールドと値の順番は一致させます。
INSERT INTO T01Prefecture(PREF_CD,PREF_NAME) VALUES(99,'ハワイ');


【UPDATE】UPDATE文はレコードの更新です。

・更新するフィールドと値をペアで書きます。WHEREをお忘れなく。
UPDATE T01Prefecture SET PREF_NAME ='グアム' WHERE PREF_CD = 99;


【DELETE】DELETE文はレコードの削除です。

・削除するデータの条件をWHEREで指定することを忘れずに。
DELETE FROM T01Prefecture WHERE PREF_CD = 77;

・文字列を条件にする時は「'」で囲みます。
DELETE FROM T01Prefecture WHERE PREF_NAME = 'グアム';

スポンサードリンク






Access SQL初心者入門講座TOPへ